コンブチャ???

本日は、半年前くらいから作っているコンブチャを紹介します。

昆布茶をつくる?入れるじゃないのと思っている方もいるかもしれませんが、これは昆布茶ではないのです。

僕も、何故コンブチャの名前がついたのか定かではないので、調べてみました。

「コンブチャの名前の由来は諸説ありますが、アメリカにこの紅茶キノコが韓国経由で持ち込まれた際、韓国語で菌のことを”KOM”と発音することもあり変化してコンブチャとなったそうです。」

参照

KOMBUCHA

ということで、ここからは、日本でなくアメリカで僕がいろいろ調べて知ってることを紹介します。

  1. Kombuchaは、要は昔日本でも流行った紅茶キノコと同じもの。
  2. 発酵飲料で、体を中からきれいにしてくれる効果あり。(プロバイオティックが豊富に含まれているとのこと)腸内環境を良くする効果あり。
  3. 買うと結構値段が張る。1本$5〜$10くらい(500ml)
年を重ねると体に良いとの言葉に弱く試してみようかと思い、WholeFoodsというスーパーで、試してみたところ甘さ控えめ微炭酸で酸味のある味がなかなか良い。

しかし、1本$5以上は、ちっと高い。

ということで、自家製コンブチャを作り事にしました。

調べてみると、

  1. Kombuchaは、2種類?ある。
  2. 作る環境に気をつければ、誰でも簡単にできる。
  3. いきものなので、多少気を使う必要あり。
  4. 2段階発酵で作る(お好み)
  5. 結構作るのが楽しいらしい。

種類

  • 1. コンブチャ

スタンダードな紅茶キノコドリンク。基本的には、お茶全般、砂糖、水、紅茶キノコにて作ることができる。

  • 2. ジュンティー

緑茶・はちみつベースのコンブチャ。炭酸が少し強めでシャンパンのような感じ。ジュンティー専用に作られた紅茶キノコが必要。コンブチャよりさっぱりとした味

 

環境

室内温度18℃〜30℃の間であれば、発酵が進む環境ですが、23℃〜27℃が最良のセッティングです。

そして場所ですが、発酵の最中は、直射日光が当たらない風通しの良いところが良いです。

風通しの良い場所が良いという理由は、紅茶キノコ(スコビーと呼びます)が発酵する際に空気も必要だからです。

こうして書き始めてみたものの、半年ほど作っているけれど、あまり知識がないことに気づきました。しかし滅気ずに続けます。

次回は、作り方編です。

つづく???

本日より、カクテル記録はじめました🍸

本日一杯目は、ネグローニ。

作り方は、簡単です。 よく食前酒としても飲まれているようです。

材料

  • カンパリ
  • ジン
  • スウィートバムース
  • 氷 (ロックアイス等、透明な氷が良いです)
  • レモンの月切り(お好みで)

道具

  • マドラー(かき混ぜ棒)
  • ステアグラス
  • ストレイナー(注ぐ時に氷をおさえる)
  • グラス(うちは、今回ロックグラスを使用)
  • メジャーカップ

工程

  1. まずは、氷をロックグラス入れて冷やしておきます。
  2. 氷をステアグラスに入れて、ステアグラスが冷えるまでマドラーでかき混ぜます。(ステアします。)
  3. キンキンに冷えたら、溶けた氷からでた水をステアグラスの上にストレイナーをはめて、注ぎ捨てます。
  4. ステアグラスに1:1:1の比率で、お酒を入れていきます。(我が家は、2.5ozづつ使ってます。量はお好みで調整してください。カクテルは比率が大事です。)
  5. またステアします。(今度は飲み物を冷やすため)
  6. キンキンに冷えたら、ストレイナーをステアグラスにセットしておきます。
  7. 先程ロックグラスに入れた氷が溶けていたら、出てきた水を注ぎ捨てます。
  8. ステアグラスから、ロックグラスにお酒を注いでいきます。
  9. 付け合わせ(ガーニッシュメント)のレモンをポンと上におきます。
  10. 出来上がり!

頂きます、乾杯!

味はというと、甘さ控えめカンパリの苦味が利いた味です。カンパリ独特の香りがします。

我が家では、少し炭酸を入れたりもします。その際炭酸水を注ぐときに、氷に当てないように注ぐと、炭酸が飛ばずおいしく出来上がります。

お試しあれ!

少し挫けました…。

本⽇、先日作ったマルチサイトをサブディレクトリ型からサブドメイン型に変えるに挑戦したのですが、⼀回失敗しその際に、余計なテーブルがデータベ ースに出来て仕舞ったそうで、それを消さないことには、マルチサイト化はもう出来ないとのことを発⾒。

いろいろウェブを⾒てみるも、SQLというものの知識が必要で、すぐには習得できなそうな ので、マルチサイトはあっさり断念。変わって、サブドメインを作り、そこにもう⼀本 WordPressを導⼊し、英語のサイトの作成に取り掛かりました。

その際に、参考にさせていただいたのが、下記のサイト。

エックスサーバーでサブドメインにWordPressをインストールする⽅法

わかりやすく、⼀発ので導⼊出来ました。親切な⽅が、いろいろ情報を上げてくれているの で、助かります。

SQLに拒否反応が出てしまい、少し落ち込んだ夜でした。

燻製BBQリブ

先⽇、今までで⼀番うまくいった燻製リブが出来たので、是⾮紹介させて下さい。

まずは、冬の間眠っていたグリルのカバーを外し、その後グリルブランケットなる、保温 ⽤のカバーも春夏⽤に、取り外します。

今シーズンも、宜しくお願いします!

 

次に、主役のリブを⽤意します。近所のサムズクラブで買ってきた、3 枚⼊りのリブ を今回は、使って、3 種類の味付けでトライ。

先頭に⾒えるマスタードは、これからつける粉の接着剤のような役⽬をします。さらに、薄っすらとマスタードの⾹りも残ります。

またまた、張り切って動画なんぞ撮ってみましたので、このあとの様⼦は、下のYouTubeにて見ていただけると嬉しいです。

如何でしたでしょうか?

うちの娘は、意外にもガーリック・コーヒーが⼀番旨いとの感想。

⼤⼈⼆⼈は、⿊瀬のスパイスの圧勝!

噂…本当でした。⾁の旨味が半端ないです。最⾼の出来となりました。野菜炒め等 に使っても美味しいと書いてありましたので、今度トライして⾒ようと思います。

それでは、またっ!

焼き鳥台を購入!

WFH (Work From Home)が始まって少し経った頃、焼⿃が無性に⾷べたくなり、なんとかこちらで焼き⿃を焼 けないかと考えて、いろいろ⾒ていたら、良さげな台をアマゾンで発⾒。

しかしながら、この状況なので、オーダーしてから約三週間掛かって、到着。その台がこちら。

焼き⿃⽤に、同時に炭、そしてファイアースターターも購⼊。 

炭はタイ産らしく、普通の炭のエグい匂いもせず、美味しく⾁が焼けるとのことで、買ってみました。 

ファイヤースターターは、本当に⽕が着くのか不安でしたが、ガジェット好きの⾎が抑えられず、ポッチッてしまいました。

早速焼いてみました。

張り切って焼き⿃台の開封から、焼き上げまで動画で撮りましたので、みてみてください!

如何でしたでしょうか?

このブログと同時に、動画撮影、編集も同時に挑戦しはじめました。YouTubeの⽅も、宜しくお願いします。

ではでは、次の投稿でまたっ